FC2ブログ

黒猫しゅうくんとの日々を中心にJAZZや映画のことなどをまったりとつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人ではない家族と暮らすということ

こんばんは、もう10月ですね

今日の話はちょっと湿っぽいので、苦手な方はスルーして下さいね

今日は友達の家にインディに会いに行きました
インディ
インディはフラットコーテッドレトリバーという、
ちょっと珍しい犬種の犬で来月11歳、人だと
87歳くらいですが、そんな風には見えないでしょう?

この5年くらいは毎年桜の季節になると遊びに行って、
インディと一緒に善福寺川緑地公園をお散歩して
お花見するのが楽しみでした。

インディはあの東北大震災の時、ちょうど
重い腸閉塞の手術中で、友達はもうだめかと思った
そうですが、なんとか手術もでき、元気を
取り戻し、10歳を迎える事ができました。

そんなインディがリンパ腫を発症し、余命6ヶ月
との宣告を受けたとのことで、会いに行ってきたんです。
リンパ腫は前足の人間でいうと肘の部分にできたので、
先月の後半はお散歩もできなかったそうですが、
今日はとっても元気でした^^
インディ2

一緒に公園をお散歩すると、水飲み場で
「ぼくにお水かけて!」とせがんだり、途中で
お友達に会うと、しっぽがちぎれんばかりに
振ったり・・・。
87歳のおじいちゃんというよりは、8歳の
やんちゃぼうずでした^^;
でも、時々立ちづらそうにしているのを
見ると、やっぱり・・・と思ったり。

友達も、「大型犬で10歳越える子はなかなか
いないから、10歳の誕生日迎えた時から
一日一日がご褒美だと思うけど・・・」と
言っていました。

うちのしゅうくんはもうすぐ5歳で、まだ
人間にしたら30代だけど、やっぱり時々
怖くなります。こんなに可愛いのに、
その時が来てしまったらどうしよう、と。

5年前の私は色々な事が辛くてしんどくて、
そんな私を見ていた家族が「何も考えずに
愛せる存在がいた方がいいよ」と勧めてくれ、
しゅうくんを家族に迎えました。

その効果は予想を遥かに越えていたし、
実際しゅうくんが来た後は色々な事が
変わって来ました。ある意味別人になったと
言ってもいいかもしれません。

その時はいつかはやって来てしまうけど、
それまでは一日も後悔しないように
しゅうくんと過ごしていきたいと思います。

10月10日
「ほんとにそんな殊勝なこと考えてるのかにゃ〜?」
考えてますよ、ほんとに。

おまけ

次回の課題曲なんですが、エアロスミスが
カバーしているとは知りませんでした



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://weiss929.blog95.fc2.com/tb.php/147-9c8e0fb6
<< もうすぐ発表会 | TOP | 無事に一つ年を取りました >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。